再生治療 | Regenerative treatment

谷口歯科診療所のインプラントは、骨を増やす、歯肉(歯茎)を増やします

当院では、土手(骨)が痩せてしまって、インプラント手術は不可能と診断された方に対して、積極的に再生療法を用いインプラント植立可能な環境の実現を御提供しております。

採血により御自身の血液から濃縮した多血小板血漿(PRP療法)と人工骨(厚生労働省認可の人工骨)を使い、痩せてしまった場所に新しく土手(骨)を作り、インプラントを理想的な位置に埋入致します。

インプラントに被せる冠は、機能はもちろんの事、審美的な自然形態を可能となります。


顎の骨を増やす

インプラント治療を受けたくても、「あごの幅が細いため、インプラント治療は不可能」と言われることがあります。しかし、当院では、骨を増やす(再生療法)を行なっておりますのでインプラント治療自体は可能です。

治療計画を立てる際に必ず行うのが、模型診査です。実際に模型上に患者さんの理想とするおおよそのインプラントに被せる歯型シミュレーションを作製して、ご本人にご覧頂きます。

あごの幅を太くすると理想的なインプラント植立位置はどこになるのか?を計測して特定します。

あごの幅を太くすることを想定した歯型シミュレーションです。 歯型が模型上で問題が無いことを確認後、実際にお口の中に歯型シミュレーションを装着してみて問題が無いことをご本人に確認して頂きます。

インプラントに被せる歯型シミュレーションの形態が決まりましたら、力学的に最も安定している真ん中の位置にインプラント植立計画を行います。 その為には、この計画通りにインプラント植立を行うための物差し(ワイヤーステント)が必要となります。

このワイヤーステントを装着した状態でX線撮影をしないと、何のための撮影なのか?判りません。それは、インプラント植立を行いたいあごの骨の状態を知りたいのです。 もちろん、ワイヤーステントを装着した状態で歯科用CTスキャンの撮影も行います。

インプラント植立手術と同時に再生療法により、「あごの骨を増やします」術前、術後のあごの太さの違いが確認できます。

治療のポイント

インプラント植立手術と同時に再生療法を行い、細かった顎の骨を再生療法で増やしながら、インプラントを植立します。

手術後、歯科用CTスキャンであごの骨幅が太くなっていることを確認します。

歯肉(歯茎)を増やす


骨を増やすと(太くすると)どんな不具合が起こるのでしょうか?

もちろん、インプラントの植立ができた後のお話です。

骨を増やすと歯肉の量が足りなくなることで、歯肉が変色することがあります。

ほっぺたを動かしても歯の周りにある歯肉は動きません。これを、不動粘膜と言います。

また、ほっぺたを動かすと一緒に動いてしまう歯肉があります。これを、可動粘膜と言います。

この可動粘膜が多いとほっぺたを噛みやすく、食片停滞しやすくて虫歯や歯周病になりやすい環境と言えます。

歯ブラシをすると痛い場合もあるのです。

歯もインプラントも不動粘膜に囲まれていると自浄性が高くなるので、大変に衛生的で食片停滞を防止できるのと、ほっぺたを噛みにくくなります。

歯ブラシによる痛みも出にくいと言えます。当院では、インプラント治療計画の段階で不動粘膜の不足が想定される場合は、必ず不動粘膜の獲得に対する必要性についてご説明させて頂いております。